最近のお気に入りはPCMAXです

恋人探し|有名サイトで恋人を探そう!
いろいろな出会い系サイトがあり、どこを使えばいいのか悩むところですが、最近のわたしのお気に入りはPCMAXです。

サクラはいません。ただ、業者はいると思いますがすぐに慣れて見分けられるようになりました。

すると結果的に、ふつうの女の子と出会えるようになりました。

まあ、割り切り目的の女の子もそれなりにいますけど、風俗行くよりは、はるかに素人でまあまあ可愛くてすぐにエッチできるのでそれはそれでいいかなぁと思っています。

今現在で、わたしは割り切り目的ではない二人の女の子と定期的にあえています。

二人とも20代後半ですが、けっこう可愛くてお気に入りです。

もう二人ともセフレと言っても差し支えない感じになりました。

特にお気に入りの女の子は、安全日だと生でやらせてくれたり、人少なめのデパートの個室トイレでしゃぶってくれたり、入れさせてくれたりと何でも言うことを聞いてくれるようになってきていて、セフレというより性奴隷と言えそうな感じに調教が進んでいます。

まあ、ほんにんも喜んで言うことを聞いてくれているので調教しがいがあります。

次回会ったときは、リモコンローターを挿入させたままであちこちを連れて歩こうと思っています。

話しがだいぶそれてしまいましたが、というわけでわたしはけっこうPCMAXで出会いがあります。

けっこう若くていい感じの女の子が、多いというのがわたしのPCMAXの感想です。

これからも、どんどん新しい女の子を探そうと思っています。

PCMAX



PCMAXで出会った年下M女をアナル調教



私は35歳の会社員です。結婚もしておらず、恋人もいません。そんな私は、定期的にPCMAXでセフレを探しています。PCMAXは出会い系の大手なので、セフレが見つかりやすいです。

現在、PCMAXで出会った24歳のM女をアナル調教しています。彼女は私のピュア掲示板の書き込みを見て、、私にメッセージを送ってきました。彼女は地味で恥ずかしがり屋の性格だそうで、彼氏ができないとのことでした。最初は紳士的に話を聞いて、LINEを交換してから、エッチな話題もするようになりました。「今まで何人と付き合ったことがある?」と聞いても、最初は嫌々がっていましたが、最終的には「1人」と答えました。

彼女に出会い系に登録した理由を聞くと、エッチに興味があるからとのことでした。更に彼女の願望を聞いていくと、「アナルに興味がある。」と言いました。私はアナルを調教するのが好きなので、次の休みに会う約束をしました。

彼女に会った印象は、確かに地味な感じの女の子でした。彼女の緊張を解くために私たちはカフェに行きました。ボディータッチをしても彼女は嫌がらなかったので、ボディータッチを増やして距離を縮めました。カフェを出た後、「じゃあ、行こうか。」と私は彼女をホテルへ誘いました。

ホテルに入ると、彼女は緊張していました。しかし、キスをすると観念したのか、彼女も積極的になってきました。私が持って来たアナルのアダルトグッズに彼女は興味津々でした。私は彼女を椅子に縛って、アナルを舐めて彼女のアナルを柔らかくし、ローションを塗って、指やアナルパールを出し入れしました。彼女は最初は嫌がっていましたが、だんだん気持ち良くなってきて喘ぎ声をあげ始めました。浣腸をした時は、さすがに嫌がってじたばたしましたが、縛られて動けなかったので、彼女の抵抗は無駄に終わりました。

まだアナルセックスをできるまで、アナルは拡張できなかったので、アナルセックスは今後ということにして、普通にセックスをしました。

彼女はアナルの虜になったようでした。私たちはお互い休みの日に会って、私は彼女のアナルを調教しています。

35歳 会社員


PCMAX



話が盛り上がった理由は同じ年齢だったこと



スマホを片手に表情を作って自撮りをしていると親から見られてしまい恥ずかしい思いをしました。

これは私が出会い系サイト用に写真撮影をしていた時の出来事でした。PCMAXというサイトを利用していたのですが、返事の返りが下がってきたので思いきって写真をアップしてみようと試みたのです。

この試みの成果がでたのか、女の子からの返りが再び盛り返してきたのです。中には私をイケメンとまでコメントしてくれる女の子もいたので、一気にモチベーションが向上していきました。

そして写真を掲載して翌日のことでした。同じ19歳の女の子からメールが届いてきたのです。メールの内容は同じ年齢の男の子を探してました。遊びませんか?というものでした。

これには私も同意見だったので、私たちは直ぐに会う段取りをとるようになりました。車の免許を持っていない私はスクーターで待ち合わせ場所に向かって、女の子の目印となっている赤いバックを探しました。

すると私の方をじっと見ている赤いバックを持った女の子が立っていたので、その女の子の元へと近づきました。勇気を持って話しかけるとニコッと微笑んでくれたのです。その瞬間に一気に汗が引いて、その場で30分も喋り続けていました。

女の子の方からようやく何処かのお店に入ろうという要望があったので、近くの飲食店へと入り、さらに会話が盛り上がってしまいました。

やはりPCMAXのような出会いを求めるサイトで女の子と知り合うには同世代の方がいいと思いました。

19歳|アルバイト


PCMAX